クラミジアのとは?

クラミジアは、日本で最も多い性感染症(STD)です。

最近の調査では18歳から19歳の女性の10人に3人がクラミジアに感染しているといわれています。
20代でも20人に3人が感染してい、女性の感染者の内、5人に4人までが自覚症状がありません。

クラミジアを放置したままにすると、卵管炎などを起こし不妊症の原因になります。

男女とも、多くの感染者が自覚症状がないので、そのまま性行為を複数の人として感染が広がります。

クラミジアの感染源

感染者の激増しているのは「クラミジア・トラコマティス」というタイプです。
感染の多くは、性行為により性器粘膜で起こします。

菌があるところに接触すると感染しますので、性器に感染していても口中に菌がいなければキスでうつることはありません。

クラミジアの症状

オーラルセックスで口中にクラミジア菌が感染すれば咽頭炎・慢性の扁桃腺炎などを起こして、風邪のような症状がでます。

女性の5人に4人までが自覚症状がありませんが、症状があっても、おりものが少し増えたり、軽い生理痛のような痛みや不性器出血などが見られます。

男性の場合、尿道がゆくなったり、排尿時に軽い痛みを伴う程度の軽い症状が見られます。

クラミジアの潜伏期間

初期症状は、1週間~3週間で初期症状が見られます。

クラミジアの治療費(保険は使える?)

膀胱炎や、尿道炎の治療には抗生剤の服用を行います。

治療費は、健康保険を使えます。
かかる費用は、診察料、検査料と薬代です。
クリニックによって値段が変わってきますが、ネットなどで調べると、診察料と検査料で5000円程度。
薬代は、初期の段階だと8,000~10,000円ぐらいかかるようです。

自宅でのクラミジア検査

クリニックに行く時間がない、もしくは、人に会わずに検査したいという方は、自宅で検査できるキットがおすすめです。

クラミジアの検査が安いのは、GME医学検査研究所
「NHK」おはよう日本、読売新聞、女性セブン、ananなど、さまざまな媒体で紹介されています。

クラミジア単体の検査で、4,420円です。


「GME医学検査研究所」公式サイトはコチラ

GME医学検査研究所の詳しい説明はコチラ。

おすすめの記事